wintory33-title.gif
Information

お金と英語の非常識な関係(上)

http://images-jp.amazon.com/images/P/4894511711.09.MZZZZZZZ.jpg
書名 : お金と英語の非常識な関係(上)
著者 : 神田昌典
出版 : フォレスト出版
価格 : 1,300円+税


お金と英語の非常識な関係(上)を読みました。
はじめて神田昌典さんの本を読みましたが非常に面白かったです。

$英語ねぇ。。。と思っていたのですが「英語だな」と思うようになった。
$単純すぎますね(笑)

↓(買った理由)


買った理由は「一兎追う者は一兎も得ず」「二兎追う者は二兎を得る」
というフレーズに惹かれてのことだったのですが、読んでみて理由が
わかりました。

先日読んだ道幸さんの「加速成功」にも「10兎追って3兎得る」
なんてことが書いてありましたが、成功者の多くにはこのような共通点が
ありました。爺も2兎追う者なので成功するのでしょう(笑)

誤解のないように少々まじめに書くと、彼ら成功者の言わんとすることは
「やる前から絞り込まずに、まずやりながらそして絞り込む」
ということを表現するためにこのようなことを言っているようです。

もちろんよく読むと一点集中する時期や絞込みをかけています。
兎で言えば、足を狙うとか耳を狙うとかでしょうか・・・。

爺流の理解だとこうなのかな
2兎の耳を狙えば2兎を得る(神田さん)
10兎の足を狙うと3兎得る(道幸さん)

話がそれましたが、この本はビジネス書としての面が気になって
購入してみたのですが読み終えての感想は「下巻が読みたい」
「ビジネス面白い」そんなことより「改めて英語を勉強しよう」でした。

この方法なら俺でもできるかも?と思ったことが凄い。

爺は英語大嫌い。英語コンプレックスの塊です。
爺の英語力は「勘弁してよ」というレベルです。

この本の真価を知りたい人は、2006年に爺に英語で話しかけて
みてください。よくわかると思います(笑)

ってことで神田さんの成功を信じて、英語を神田流で勉強してみよう。

そもそも勉強しなかったら・・・切腹。

神田さんの英語を学ぶコツや方法は、ネタバレになるので書かないですが
独創的で面白いですし、なによりビジネスと結びつけて、両方が成功する
方法で成功しようよ。というところが非常に魅力的です。

英語を勉強しようと思っている人で、イマイチモチベーションが
あがらなくて困っているなら、この本を読めばやる気が沸きますよ。

やる気アップに「1300円」ならば安いものでは?

---(関連情報)---
・神田さんのBlog「神田昌典の毎日が奇跡
・神田さんの公式HP「非常識な成功法則


ジェネレーターロゴ
みらころ
mirai_180_180.jpg


爺のお気に入り
ソアリングシステム
学生時代からお世話になってる山形県のパラグライダースクール
YAZINE(アウトドアマガジン)
僕らがやってるアウトドアでNo1にイケてるサイト(笑)
Glass Studio Moi (モイ)
友達がやってる自然に囲まれた千葉県東金市のガラス工房
カテゴリーで分類された記事

- こぼれIT情報 (14)
- びっくり映像発見 (21)
- アウトドア本 (2)
- アカウンティングの基礎勉強 (6)
- イベント情報 (4)
- インターネット本 (2)
- オススメ書籍[全部] (36)
- スポーツ芸能ニュース (14)
- ビジネスニュース (18)
- ブログ情報 (18)
- マーケット本 (4)
- 一発ネタ(JunkNews) (35)
- 不動産本 (2)
- 事件トラブル (6)
- 五反田カレーナイト (6)
- 占い (15)
- 営業本 (2)
- 心理学本 (6)
- 成功本 (18)
- 新しい遊び発見( Cool News ) (26)
- 新製品情報 (5)
- 映画DVD感想 (16)
- 株&投資本 (1)
- 栽培日記 (8)
- 気まぐれニュース( Hot News ) (59)
- 爺日記 (167)
- 経営本 (3)
- 経済全般の本 (3)
- 美味しいお店情報 (16)
- 自叙伝 (7)
- 面白い本 (1)
- 音楽紹介 (5)
- ITニュース (22)
書き溜まった記事
- 2013年05月(1)
- 2011年05月(1)
- 2011年03月(1)
- 2010年09月(1)
- 2010年07月(1)
- 2010年04月(1)
- 2010年03月(1)
- 2009年11月(3)
- 2009年07月(1)
- 2009年06月(1)
- 2009年05月(3)
- 2009年04月(2)
- 2009年02月(2)
- 2009年01月(4)
- 2008年11月(3)
- 2008年10月(2)
- 2008年09月(1)
- 2008年08月(1)
- 2008年07月(1)
- 2008年06月(2)
- 2008年05月(3)
- 2008年04月(1)
- 2008年03月(3)
- 2008年02月(3)
- 2008年01月(4)
- 2007年12月(1)
- 2007年11月(5)
- 2007年10月(10)
- 2007年09月(5)
- 2007年08月(3)
- 2007年07月(5)
- 2007年06月(6)
- 2007年05月(5)
- 2007年04月(6)
- 2007年03月(3)
- 2007年02月(4)
- 2007年01月(3)
- 2006年12月(1)
- 2006年11月(5)
- 2006年10月(6)
- 2006年09月(3)
- 2006年08月(7)
- 2006年07月(8)
- 2006年06月(2)
- 2006年05月(5)
- 2006年04月(4)
- 2006年03月(2)
- 2006年02月(6)
- 2006年01月(3)
- 2005年12月(2)
- 2005年11月(4)
- 2005年10月(4)
- 2005年09月(5)
- 2005年08月(7)
- 2005年07月(4)
- 2005年06月(5)
- 2005年05月(6)
- 2005年04月(10)
- 2005年03月(20)
- 2005年02月(20)
- 2005年01月(37)
- 2004年12月(24)
- 2004年11月(43)
- 2004年10月(34)
- 2004年09月(26)
- 2004年08月(22)
- 2004年07月(19)
- 2004年06月(16)
- 2004年05月(16)
- 2004年04月(18)
- 2004年03月(29)
- 2004年02月(5)
全ての記事のタイトル一覧
Google検索
Google
いまさらだけど参加
俳句を詠もう
クリック募金
Click募金、この先でクリックしてね
この先で1クリックすると世界のどこかで小さな笑顔が1つ増える。そんな小さな心の募金活動