wintory33-title.gif
Information

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

http://images-jp.amazon.com/images/P/4062120569.09.MZZZZZZZ.jpg
書名 : 成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語
著者 : 神田 昌典
出版 : 講談社
価格 : 1,470円(税込み)

またまた神田さんの本です。この本は自らの成功体験を状況を少しだけ変えて
成功するまでの軌跡(奇跡)を物語にした、ほとんど小説です。

一般的には成功本なのですが、成功するというのはこういう感じなんだ。
という「感じ」を掴むには、非常にいいです。ハワイプチ富豪のヒロさんの本と
近いかもしれません。

↓(神田さんも本田さんも勝手にマイメンター、そしてあなたもマイメンター)


起業時に何が必要で、自分には何がないのか、比べてみてわかりました。

今までは割と外にその答えを探していたのですが、なんのことはない
自分の中に答えは落ちていました。というより自分の中に必要なものが
ないということがわかった。というべきかも・・・

どすうれば「それ」が手に入るのか?・・・問題です。

--

さて神田さんのこの小説、成功までのストーリー!

読んで思いました。

あぁオンザエッジの頃のホリエモンや楽天の三木谷さんも
こんな風に誕生してきてたなぁ・・・。

もちろん神田さんの小説の主人公はほぼ神田さんなのですが
サクセスストーリーには共通したキーワードってのがあることに
気がつきました。

まぁ誰でもわかることなので、いまさらって感じですが

気が付いたのは「情熱」でした。

もう少し丁寧に書くと「情熱を傾けれるテーマ」かな。

金額の大小を気にする前に、必ずやる!と断固たる決意をさせてくれる

そんな情熱を傾けれるテーマが成功には必要なんだと再認識。

もちろんそのテーマには金銭的にも勝てると思う根拠があるんでしょうけど
そのテーマには「絶対にやる!」と決意するパワーがあるのだと思います。

2兎追う姿勢では、望めないことだったりします(笑)

神田さんは別の本で、1つのことを多方面から一度に攻める。という意味で
英語に関しては2兎追うことで成功できる。と書いていましたが、どうも
決意や志といった手法でない部分で、2兎追うのはよろしくない感じです。

まぁ小説なんですが、色々感じることができる。

さすが神田昌典の1冊。

そんな感じです。ストーリーモノは読みやすいので好きですね。
厚い割にはすぐに読めました。あとは覚えているかどうか(笑)

読みやすいのも困りモノです^^)


ジェネレーターロゴ
みらころ
mirai_180_180.jpg


爺のお気に入り
ソアリングシステム
学生時代からお世話になってる山形県のパラグライダースクール
YAZINE(アウトドアマガジン)
僕らがやってるアウトドアでNo1にイケてるサイト(笑)
Glass Studio Moi (モイ)
友達がやってる自然に囲まれた千葉県東金市のガラス工房
カテゴリーで分類された記事

- こぼれIT情報 (14)
- びっくり映像発見 (21)
- アウトドア本 (2)
- アカウンティングの基礎勉強 (6)
- イベント情報 (4)
- インターネット本 (2)
- オススメ書籍[全部] (36)
- スポーツ芸能ニュース (14)
- ビジネスニュース (18)
- ブログ情報 (18)
- マーケット本 (4)
- 一発ネタ(JunkNews) (35)
- 不動産本 (2)
- 事件トラブル (6)
- 五反田カレーナイト (6)
- 占い (15)
- 営業本 (2)
- 心理学本 (6)
- 成功本 (18)
- 新しい遊び発見( Cool News ) (26)
- 新製品情報 (5)
- 映画DVD感想 (16)
- 株&投資本 (1)
- 栽培日記 (8)
- 気まぐれニュース( Hot News ) (59)
- 爺日記 (167)
- 経営本 (3)
- 経済全般の本 (3)
- 美味しいお店情報 (16)
- 自叙伝 (7)
- 面白い本 (1)
- 音楽紹介 (5)
- ITニュース (22)
書き溜まった記事
- 2013年05月(1)
- 2011年05月(1)
- 2011年03月(1)
- 2010年09月(1)
- 2010年07月(1)
- 2010年04月(1)
- 2010年03月(1)
- 2009年11月(3)
- 2009年07月(1)
- 2009年06月(1)
- 2009年05月(3)
- 2009年04月(2)
- 2009年02月(2)
- 2009年01月(4)
- 2008年11月(3)
- 2008年10月(2)
- 2008年09月(1)
- 2008年08月(1)
- 2008年07月(1)
- 2008年06月(2)
- 2008年05月(3)
- 2008年04月(1)
- 2008年03月(3)
- 2008年02月(3)
- 2008年01月(4)
- 2007年12月(1)
- 2007年11月(5)
- 2007年10月(10)
- 2007年09月(5)
- 2007年08月(3)
- 2007年07月(5)
- 2007年06月(6)
- 2007年05月(5)
- 2007年04月(6)
- 2007年03月(3)
- 2007年02月(4)
- 2007年01月(3)
- 2006年12月(1)
- 2006年11月(5)
- 2006年10月(6)
- 2006年09月(3)
- 2006年08月(7)
- 2006年07月(8)
- 2006年06月(2)
- 2006年05月(5)
- 2006年04月(4)
- 2006年03月(2)
- 2006年02月(6)
- 2006年01月(3)
- 2005年12月(2)
- 2005年11月(4)
- 2005年10月(4)
- 2005年09月(5)
- 2005年08月(7)
- 2005年07月(4)
- 2005年06月(5)
- 2005年05月(6)
- 2005年04月(10)
- 2005年03月(20)
- 2005年02月(20)
- 2005年01月(37)
- 2004年12月(24)
- 2004年11月(43)
- 2004年10月(34)
- 2004年09月(26)
- 2004年08月(22)
- 2004年07月(19)
- 2004年06月(16)
- 2004年05月(16)
- 2004年04月(18)
- 2004年03月(29)
- 2004年02月(5)
全ての記事のタイトル一覧
Google検索
Google
いまさらだけど参加
俳句を詠もう
クリック募金
Click募金、この先でクリックしてね
この先で1クリックすると世界のどこかで小さな笑顔が1つ増える。そんな小さな心の募金活動